アメリカでの就職について

就職に関する状況がかなり違うのが、アメリカと日本です。

特に大きな違いは、アメリカでの新卒者の就職には学歴がとても重視されることです。

就職での学歴格差をなくすために日本では、採用するときに学歴に重点をおかないという企業が増えているようです。

学歴が大学院卒だとしても、就職が優位になるわけではないそうです。

日本の一般的な会社では、院卒者の初任給も新卒者と変わらないといいます。

企業の採用において日本の場合に重要視されるのは、入社後成長する可能性で、仕事に関する知識があるかないかは関係ない人物重視となっています。

これに対して、修士号や博士号を持っている方がアメリカでは就職にメリットがあります。

たとえ新卒者でも重要視されるのは、専門的な技術と実務経験があるかどうかということです。

大学の専攻内容も重視されますし、成績も重要です。

ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人が、アメリカでは銀行に採用される新卒の人のほとんどを占めています。

日本では反対に、どの学部で学んだかはそれほど大事なことではありません。

必死で大学生が勉学に励むのは、アメリカの就職では大学時代の成績も要チェック事項だからです。

アメリカで就職に関係してくるのは、たくさんの量の宿題をこなし、レポートや課題をこなして、積極的な発言が求められる授業に出ていい成績を残すことだといえるでしょう。